便利だけど以外と知らない機能まとめ 〜iPhone,iPad編〜


事の発端は、新しくiPhoneを買った友人との会話から。
僕のiPhone画面を見た友人が「何、このへんなまるポチ!?」

自分の中では当たり前だけど他の人は意外と知らない事って多い。
そんなわけで今日はiPhoneにまつわる、『便利だけど意外と知らない機能』をまとめてみた。
(完全に僕と友人の会話から成り立っているので、生暖かく見守って下さい。)

はじまりはじまり〜

Ads by Google

以下、僕と友人の会話が始まりますが実際の設定方法は会話の後にまとめました。

〜友人との会話〜

友人(以下F):iPhone買ったった!なんか便利なアプリはよ!

管理人(以下O):う〜ん。便利なアプリって言われても。。僕は『Pulse News for iPhone App (無料)』が好きなんだけど。。。(僕のiPhoneを渡す)

F:え!?なにこのまるポチ!?

O:『AssistiveTouch』って機能だったかな。

F:かっこいい!やり方はよ!

O:ユーのiPhone貸しな(どや顔)。。。。はい、できたよ。

F:おー。ありがとう。あ、そうそう他に何か便利なアプリある?

O:あとはデフォルトだけど『Safari』好きだよ。iPhone以外にApple製品持ってるんだっけ?

F:MBA(どや顔)持ってる。

O:(MacBook Air って言えよ)そっか。だったらあれだ。リーディングリストiCloudタブは便利だよ。

F:ふむ。よくわからんけど設定よろしく。

O:はい。できた。

F:いま『Safari』の操作する所見てたんだけど、ワンタッチでページの一番上に戻ってたのどうやったの?

O:これは『Safari』に限らず色々なアプリで使えるんだけど、iPhoneの時間表示のところをタッチすると一番上に戻れるよ。

F:お。ほんとだ。これは便利。何か色々ありがとう。また何かあったら聞く!。

O:はーい。

大体、こんな感じだった。
と言うわけで順を追って、以下で設定の仕方と簡単なメリットとデメリットをまとめていきます。

AssistiveTouch

  • メリット
    :ホームボタンを使わなくて済むのでホームボタンの寿命がのびそう。
  • デメリット
    :いつもiPhoneの画面を占有するのでたまに邪魔(ホーム画面のトリプルクリックで隠したり表示したりするように設定もできる)
  • 設定方法
    [設定]→[一般]→[アクセシビリティ(Accessibility)]→[AssistiveTouch]をオンにするだけ。
    ちなみに出てきたまるポチを押すとこんなんがでてくる。@画像1.(まるポチはスクショには写らない)
    んで、自分の好きなジェスチャーを覚えさせる事も出来ちゃう。@画像2、3.

@画像1
AssisitiveTouch

@画像2
Gesture

@画像3
gesture

リーディングリスト、iCloudタブ

  • メリット
    リーディングリスト:後で読む事ができる。iOS6.xからは3gからもシンク可
    iCloudタブ:複数のAppleデバイスで今開いているタブを共有できる
  • デメリット
    リーディングリスト:思い当たらない
    iCloudタブ:iOS6.xからの新機能、 MacOSX10.8.x(MountainLion)からの新機能
  • 設定方法
    :特に設定すべき項目は無い。iCloudのSafariの部分をオンにするだけ
    Safari

ワンタッチで一番上に戻る

これは凄く簡単。下の画像にあるようにiPhoneの時計表示の部分をタッチするだけで一番上まで戻る。
時計の所でなくても上の方をタッチすれば一番上まで戻る。
うむ。すばらしい

top

他、参考資料

アクセシビリティ
•AssistiveTouchはiPhone3gでは使えないみたい
無理みたいpart2

では。
ハッピー:)