httpから常時https化して困ったこと良かったこと


はじめに

結論からいきます。ブログを常時https化する必要はありません。

もっと正確にいうと、既にhttpで長年運営してるブログ(Webサイト)で、政府から要請があったとかどうしても対応が必要な場合を除きです。

まぁ、分かってたことですね。でも、触ったことない技術をむやみに触りたがるときありますよね。それですそれ。

で。
lolipop Apache http http1.1 -> sakuraVps nginx https http/2 に引っ越しした当ブログを
sakuraVps nginx https http/2 -> lolipop Apache http http1.1 に戻しました。

引っ越しの記事、というか常時https化とhttp/2対応、は「nginx 環境におけるwordpress常時SSL化とHTTP/2対応」を参照してください(参考になるかな・・・)。

そんなわけで。

  • lolipop -> sakuraVps
  • apache -> nginx
  • http -> https
  • http1.1 -> http/2

以上のような、色々な変更を一度に(おいw)行ったので、それぞれの変更が及ぼしたっぽい影響をちょいとまとめてみますよ〜。※正直、どの変更がどのような影響を及ぼしたのかは殆ど分かっていませんので詳細を期待している人は以下は読む価値はありません。また、「自由度が高くなった」とか分かりきっていて、かつ抽象度の高いことは書いていません。

困ったこと

  • ひと月あたりの全体のアクセスが20%ほど減った
  • 運営費を捻出している広告の収益が10分の1になった
  • URIスキームが変わるので今までのFacebookのシェア数やはてブ数が継承されない

これぐらいです。一つ一つ見てきましょう。

まず、最後の「困ったこと」以外、どの変更が影響しているのかわかりません。ほらね。だから、一度に色々な変更をするのは駄目なんだよ。原因わかりづらくなるからね。はい。ということで、アクセスも減って、広告収益も減ったけど、どの変更が影響しているのかは不明です。ですが、変わったことは上記のことだけです(もっと細かく書けば色々と書けますが)。

「URIスキームが変わるので今までのFacebookのシェア数やはてブ数が継承されない」は非常に簡単でして、httpからhttpsに変わったことでシェアされたり、はてブされたり、ツイートされたりした記事のURLが変わります。なので、常時https化すると今までhttpのときにシェアされたり、はてブされたり、ツイートされたりしたカウント数が継承されません。

これは完全に忘れていました。

どうってことない気もしますが、書いている以上、過去の数字のフィードバックを亡き者のするのも嫌ですからね。

良かったこと

  • 常時httpsにしてみて自己満足できたこと
  • startSSL を体験できたこと
  • http/2 を自分のサイトで体験できたこと

全部自己満です。はい。

常時httpsにしてみて、謎の快感を味わえたのは良かったです。また、当時は証明書をstartSSLで取得しましたが、いまはLet’s encrypt を使ってみるのが良いと思います。

その他

「コメント投稿機能をブログに残してあるから」を口実にhttpsを導入したわけですが、投稿名もコメントも公開されるわけだから、コメントはhttpで良くないか?

コメントの際に必要なメールアドレスは公開されないけれど、誰かに傍受されてもきっと大丈夫。今のスパムフィルタ機能は強力だから。

そもそも、、、

元に戻すのに必要な理由が色々と思いつきますが、この辺で。

終わりに

全体アクセスも、広告収益も目に見えて減ってきたので元に戻しました。

引っ越しの時とは逆のことをやるだけなので直ぐに無事に終わりました。

では。はっぴー:)